フリーターだった僕がバイト面接で実際によく聞かれた質問4選!

僕は昔、長い期間フリーターをしていて、たくさんのアルバイトを経験しました。(30個は余裕で超えます)

そしてもちろんその分バイトの面接もたくさん受けてきたわけです。

そこで今回は僕がバイト面接中に、実際によく聞かれた質問4つ紹介したいと思います。

念のため言いますが、あくまでも僕の体験談がベースなので「面接は必ずこんな感じになるよ」的な意味ではありません。

軽い感じで参考程度に読んで頂ければと思います!あと後半にも面接について少し色々書いてます^^

スポンサーリンク
目次

バイトの面接で「実際によく聞かれた質問」

過去に何十回と受けた様々なバイト面接を思い出し、そのトータルでの結果が以下の感じです。

よく聞かれたこと

・シフトについて

・働き始める日時

・何か質問ある?

・バイト先までどれくらいかかる?

この4つですね。これを見て定番質問である「〇〇や□□がない…?」と意外に思う方もいるかもしれません。

それについては記事の最後のほうにリンクを貼っておくので、そちらもぜひ^^

今回は「かなり聞かれた質問編」です。では一つずつ詳しく進めていきましょう!

①どれくらい働けるか?シフトについて

これは特にシフト制のバイトとかだと必ず聞かれるでしょうね。

週にどれくらい働けるのか?

土日や祝日などは入れるのか?

何時から何時まで働けるのか?

などなど。もちろん正直に答えたほうがいいですね。

僕の場合は…

一応、履歴書にも軽く希望は書いた状態で面接に行くのですが、さらに具体的に説明する感じですね。

週に3日、13時~18時まで働きたいと考えております。曜日はいつでも構いません。

など。

また、希望を言ったあとに「〇〇はどう?無理っぽい?」などと聞かれる可能性もあります。

ここはのちに揉める原因になると嫌なのでしっかり答えますね。

本当に無理な場合は「いや、すみません。朝の時間帯はどうしても厳しいです。」てな感じ。

微妙であれば「できれば〇時までが希望ではあるのですが…」的な言い方をする時も…!

また、職種にもよりますが「お盆休みや年末年始に出勤できるか」を聞かれるケースもよくありますね。

これもどう答えるか事前に考えていました。

②いつから働ける?(出勤できるか?)

僕は基本的には「いつからでも大丈夫です」と答えていました。基本的に面接官の反応は良い感じでしたよ^^

予定がある時はとにかく、確実に入れる日を「すぐに答える意識」をしていましたね。(具体的な日にちを)

「○日から入れます」、「○日以降であればいつでも大丈夫です」てな感じ。もちろん面接前に調べてはいました。

ちなみに1週間以内であれば、「それくらいかかる理由」を自分からは特に言う必要もないでしょう。説明も長くなりますからね。

注意点

最も良くないのは「その場で考え込んだり、スケジュールを確認する」など。

また、「今はわかりません」や「帰ってから調べないとわかりません」などの回答はさらにリスクが高いので注意したほうがいいでしょう。

③何か質問はありますか?

正直、僕は面接官からこの質問がくる最後の時点で、気になる疑問は全て解決している状態であるケースがほとんど。

途中の良きタイミングで聞いていますので…。

もっと言うと電話応募の段階で1個は質問をするぐらいの質問好きです。笑

なのでこの質問がきた時には「色々聞かせて頂いたので、今のところは特に大丈夫です」と答えることが多かったですね。

ただもし…

まだ聞けていない質問がある場合は必ずします。

「時給や給料に関してはあまり聞かないほうがいい」的な意見もあるようですが、フリーターにとっては重要なことだと思うので僕は普通に聞いていましたね。

もちろん聞き方には注意していましたが…。

あと「職場の人間関係」についてはさすがに聞かないほうがいい気はしますね。本当は一番聞きたかったりもするのですが…汗^^

④通勤時間はどれくらいですか?

「割と近いです…」などではなく、「○分程です」とすぐに答えられるように準備していましたね。

実際に働く現場で面接をする場合は、僕は自宅を出る瞬間の時間を覚えてバイト先に到着した時に確認していました。

電車を利用する場合は、乗車時間は調べていましたね。

まあ、会社側からすれば「遅刻した時の問題や交通費的な意味」で近いに越したことはありません。

ただこればっかりはごまかしようがないので、もちろん正直に答えましょう。

今からはバイト面接について少しだけ語ります。

質問によっては、僕はベタな回答をしないケースが多い

例えば「志望動機(あまり聞かれたことはなかったが)」とか「面接官に何か質問ある?」と聞かれた場合、きっとその正解に近い答えってありますよね。

いわゆるネットに書いてありそうな(模範解答的な?)感じの…。

僕は上記のような質問に対しては、「面接マナーとして正解」みたいな答え方をほとんどしません。

その理由は…

簡単に言うと「採用されてもすぐ辞める可能性があるから」です。(笑)

例えば「雰囲気が合わない」という理由で一日でバイトを辞めたことがあります。

もしその面接の志望動機で、「お店の雰囲気が気に入った」と言っていたらちょっと辞めずらいですよね…汗

また、「仕事が合わない」とかで初日で辞めた職場もあります。

この時も面接で「何か質問ありますか?」と聞かれた時に、「もし採用して頂いた場合、どんな風にスキルや経験を活かせそうですか?」のように答えていたらどうでしょう?

やっぱり…ちょっと辞めずらいですよね。

相手はそこまで覚えていないかもしれませんが…

それでもとにかく僕は「やる気満々の熱い感じのアピール」はできるだけしないように意識していました。

あとで突っ込まれそうな「具体的なワードは言わない…」って感じでしょうか…?逃げ道を残しておく…的な。

もう一度言いますが、それは速攻で退職する場合に、できるだけ自然と辞めやすい流れにしたいからです。

あくまでも僕の場合は…の話です。僕は嫌なら本当すぐ辞めていたんですよ…汗

自分の履歴書を見て、聞かれそうな質問を想像しておく?

自分の履歴書を見てみて、面接官が「ん?」と引っかかる部分がありそうかどうかチェックしておくのもアリです。

予め、ツッコまれそうなところ(質問されそうなところ)を確認しておくということですね。

例えば僕の場合なら20代後半とかでもバイト経験しか書いてなかったので、「なぜこの時期に正社員経験がないのか?」という質問がくることが想定できました。

その理由は一応、職歴を見ればわかるように書いてはいるのですが、口頭でも納得させる回答をあらかじめ用意していましたね。

このチェックはマイナス部分だけではなく、プラスの内容でも相手が質問してきそうであれば、回答を用意しておくのがおススメ^^

現時点で「そういった点が何もなさそう」であれば気にしなくても大丈夫

履歴書の中身で「特につっこまれそうな部分がないケース」はもちろんあります。

そしてもしあったとしても、履歴書の内容はそんなに大きく変わるモノではないので、何回か面接をすると聞かれる質問がだいたいわかってくる可能性もあります。

「今回も〇〇は聞かれるだろうな~」みたいな^^それをイメージしておくと今後のバイト面接で役に立つかもしれません。

以上ですが、以下は今回のテーマとは逆に「面接で意外と聞かれなかったこと」についてです。ぜひ^^

体験談!フリーターのバイト面接で意外と聞かれなかった質問を紹介!

こちらも興味があればぜひ!

フリーター時代にバイト面接で注意していた態度や話し方!

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる